大 学 入 試 改 革 を 先 取 り、 私 立 最 難 関「 開 成 中 学 」入 試 問 題 が 衝 撃 の 変 貌

ノートが取れない=復習が出来ない どのように改善するか

中学受験生のみなさん、保護者の皆様、こんにちは。

さて、成績がに伸び悩む生徒の共通点は何だと思いますか?

これは、勉強時間が足りないとか、集中力がないとかではなく、頑張っても頑張っても成績が上がらない生徒に限定します。

それは、ノートのとり方を知らないというここです。

例えば、算数、国語、理科、社会と科目別にノートを分けない。

演習した回や単元の名前を記さない。

算数であれば、途中式を書かず、細かい隙間に筆算の形跡だけ残す。

丸付けを途中までしかやっていない…などです。

このような受験生は、前向きにがむしゃらにテキストに向かい、先に先に進もうとするのですが、

復習をすることがままならず、あやふやな単元が多く成績が伸び悩んでしまうのです。

ノートが取れない=復習が出来ないということですね。

では、どのように改善すればよいのか?

まずは、それぞれの科目のノートを日記だと思うことです。

必要事項を細かく挙げてみると…

1 日付を書く

2 演習した回や単元を細かく書く(第17回 旅人算 基本問題)など、なるべく詳しく記載する。

3 間違えた問題については、色分けして式や答えを書く。(全くわからなかった問題は赤、途中まで分かった問題は青、ケアレスミスは緑)など

4 ノートの最後にかかった時間を記載する。

などです。確かに日記を毎日書くのは大人でも至難の技ですね。しかし、このように規則を決め、ノートを日記のようにすることにより、
見直すたびに達成感が生まれモチベーションが高まります。

また、色分けすることにより、「赤が少なくなったが、緑が増えた」など、自分の成長と改善点が明確になります。

そして、時間を記載することもまた、「私ってこんなに頑張ったんだ」という証になり、大きな達成感につながるのです。

中学受験は復習が要です。そして、まだ幼い6年生という時期には、勉強のテクニック面より、メンタル面が重要になります。

合格に向かっての学習日記、今日からでも初めてもてはいかがでしょうか?

東京進学セミナーでは、ノートのとり方や、メンタル面のケアなど、受験勉強に必要不可欠でありながら、怠りがちな部分の指導に注力しております。

さぁ、しっかり対策を行い、
志望校合格を勝ち取ろう!